*All archives* |  *Admin*

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11月 茶の湯お稽古
明日は成人式。その前にやはり着付けのお仕事が連日入って、なかなか昨年のお稽古風景が載せられません。
今日は一つでも写真をUPしたいと頑張ってます。

11月は茶の湯では風炉から炉に変わり、”炉開き”といって茶のお正月です。お茶も今はいつでも欲しいときに御茶屋さんで購入できますが、昔は京都の茶師のところへ茶壺を預けて新茶を摘めてもらい、茶壺の中で熟成した茶を11月の炉を開くときに初めて”口切り”して使い始めるのです。

壺飾り
まず、床にはまだ封をされた茶壺が飾られ、客は拝見を乞い、拝見後亭主にお返しして、昔は茶事の時にこの後の炭、懐石の間に茶葉を石臼で挽いてお茶をご馳走しました。挽きたてのお濃茶はどんなお味がしたのでしょうね。

  1120005e_1_1.jpg

亭主は網を持ち出し、壺をその中に納めて下がります。

1120006e_1_1.jpg

床は壺に替り花を飾ります。照葉はブルーベリーの紅葉。花は炉になった初めて飾る椿

1129002e_1_1.jpg 1129005e_1_1.jpg

炭点前

炉と風炉で大きな違いは炭点前。半年ぶりにたっぷりの灰が入り、炭の大きさも釜も大きくなりこれから寒くなる季節にかっての準備が出来ました。

1120010e_1_1.jpg

大きな釜にはお湯がたっぷり。重いです。

1204005e_1_1.jpg

香合の拝見

1120011e_1_1.jpg

香合は萩焼 松ぼっくり

1120012e_1_1.jpg

薄茶点前  炉開きの時は運びの点前でシンプルに。

釜のお煮えがよく、湯気が炉の風景に暖かさを演出してくれる。
熱~い薄茶の茶碗を両手に持つと暖かさが体に伝わり、何とも幸せな気分になります。

1204008e_1_1.jpg

お茶の楽しさはお菓子もその一つ。

1204007e_1_1.jpg

半年ぶりの炉のお点前、最初はちょっと戸惑いますね。

1204017e_1_1.jpg

1204022e_1_1.jpg 1120016e_1_1.jpg

次のお稽古時の花   伊予みずきの葉がとってもきれい。
椿もようやく我が家で咲いた”大神楽”  蕾が立派な椿。

1204025e_1_1.jpg 1204037e_1_1.jpg

濃茶点前

キビもちを包んだ葉が珍しい。”山帰来”初めて聞いた名前
後日、山帰来の実で作ったリースをNさんが持ってきてくれた。クリスマスの時によく見る実。

1204011e_1_1.jpg

1204021e_1_1.jpg 1120020e_1_1.jpg

楽しいお茶のお稽古でした。

1204015e_1_1.jpg
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

miya

Author:miya
GEを退職後、長年親しんできた表千家茶道&着物の着付を若い方に伝えたく、自宅で教室を開きました。“気軽に、楽しくお稽古しながらの文化に親しむ”をモットーに和やかな空間を用意しました。

★教室/東京府中市紅葉丘2-25-2
★茶道お稽古/月に2回(火・土コース)
★ご連絡はコメント欄にメモをお願いします

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
マウスについてくる星
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。