*All archives* |  *Admin*

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4月 茶の湯お稽古
本格的な春の到来。晴れた日には家にいるのはもったいなく、野山へ遊びに行きたくなります。そんな時期にピッタリの4月のお稽古です。

釣り釜と旅だんす。畳の部屋にいますが、天井から鎖で吊るされたお釜を見ていると、気持ちがのんびり!うたたねしたくなるような気分になります。


床は軽やかな気分で、昔、恩師から頂いた色紙”道無古今”古今に道なしと読みます。
花は椿もそろそろ終わりです。枝は青もじ。

0415002f (2)_1_1 0410065f_1_1.jpg

右の写真は”炉 ”最後のお稽古時の椿。
来月は風炉の花に変わるので椿は無し。 椿さん、ありがとう!

0415003f (2)_1_1 0428004f_1_1.jpg


鎖と釣り釜 旅だんす

0415005f (2)_1_1

炭点前は鎖の扱いがあり、この時期だけの面白い点前です。

0410044f_1_1.jpg

薄茶 
旅だんすは中の二枚の板の扱いや水指を出したり、三通りの方法があります。

芝点の点前  下の板を外してその上に薄茶器、茶筅を置きます。野外で草むらに板を敷いてお点前する風景がイメージできます。

0413010f_1_1.jpg

板はそのまま、水指を手前に少し出してのお点前

0410050f_1_1.jpg

0427014f_1_1.jpg


下の板を上の板に重ねて始めるお点前
写真では違いが見えませんね!

0413015f_1_1.jpg

濃茶
水指を手前に少し出し、その前に茶入れを飾っておきます。
炉の中は五徳が必要ありません。炭の加減で釣られた釜はゆらゆらとかすかに動きます。
亭主もゆったりと自然体でお茶を点ててくれています。
いつもと違った景色を楽しみながら客は、美味しいお茶を待ちます。

0415008f_1_1.jpg

0413014f_1_1.jpg

お許しもののお稽古。緊張しながらも楽しそうですね。

0427017f_1_1.jpg


スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

miya

Author:miya
GEを退職後、長年親しんできた表千家茶道&着物の着付を若い方に伝えたく、自宅で教室を開きました。“気軽に、楽しくお稽古しながらの文化に親しむ”をモットーに和やかな空間を用意しました。

★教室/東京府中市紅葉丘2-25-2
★茶道お稽古/月に2回(火・土コース)
★ご連絡はコメント欄にメモをお願いします

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
マウスについてくる星
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。