*All archives* |  *Admin*

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3月 茶の湯お稽古(1)
3月始めの頃はまだまだ朝晩は寒く、春はまだまだと思ってましたが、最近は日中になると陽のひかりは真冬と違って強さが増して暖かくなり、身もこころも軽くなります。

3月は世の中は”お雛祭り”、茶の湯では”利休忌”です。利休さんにお茶をお供えして、七事式の”茶カフキ”をお稽古します。

床に利休さんの軸を掛けて菜の花を飾ります。

毎年の事ですが、3月3日の雛祭り頃はお花屋さんに菜の花と桃の花が売られていますが、少し過ぎるとお花屋さんにはもう売られてないんですね。秋ごろから種をまいておけば良かったのにと思いながら、いくつかのお花屋さんを訪ね、やっと菜の花を手に入れることが出来ました。



お稽古の初めは利休さんにお茶を差し上げることから。
天目茶碗を天目台にのせて床に行き、菜の花の花入れを左に少し寄せてお茶をお供えします。

0316002j_1_1.jpg

利休さんに向かってみんなも一緒に礼をします。

0316003j_1_1.jpg

イキイキときれいに咲いた菜の花と供茶

0311038j_1_1.jpg


供茶の後はおです。 雛祭りにちなみ、香合は立雛。

0311010j_1_1.jpg

この後、茶カブキのお稽古です。良い湯相を保つためにお炭をついでいきます。

0311011j_1_1.jpg

拝見に出された立雛の香合。

0311017j_1_1.jpg

薄茶お点前

棚は四方棚。茶器は四滴の内の”油滴 (青磁)”  口の向きに注意が必要です。

0311009j_1_1.jpg

春らしい太市製の干菓子。蝶に春の野

0311001j_1_1.jpg

0311024j_1_1.jpg

0316004j_1_1.jpg

茶器、柄杓、蓋置を飾っておしまいにします。

0311030j_1_1.jpg


茶カフキ

部屋に看板を飾っておきます。

0328034d_1_1.jpg

火曜日は残念ながら皆中者がいませんでしたね。

0311021j_1_1.jpg

土曜日は何と皆中者が3人! 当たると嬉しいですね。
5回とも同じように点てることはよいお稽古になりますよね。

0316011j_1_1.jpg

筆はいやだと言っていたけれど、上手に奉書に書いてくれてお疲れさま。お正客がお持ち帰りになりました。

0316008j_1_1.jpg

茶カフキで濃茶を5杯飲んだので、最後にあられ、飴、チョコなどでかるいお薄、お白湯などでひと息。

0316016j_1_1.jpg


主菓子やらお稽古風景の写真など撮り忘れてしまい淋しいです。茶カフキはいつでも出来るのでまたお稽古しましょう。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

miya

Author:miya
GEを退職後、長年親しんできた表千家茶道&着物の着付を若い方に伝えたく、自宅で教室を開きました。“気軽に、楽しくお稽古しながらの文化に親しむ”をモットーに和やかな空間を用意しました。

★教室/東京府中市紅葉丘2-25-2
★茶道お稽古/月に2回(火・土コース)
★ご連絡はコメント欄にメモをお願いします

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
マウスについてくる星
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。