*All archives* |  *Admin*

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アメリカへの旅(庭づくり)
今年も息子の住むカリフォルニア州のフリーモントへ2週間ほど行ってきました。サンフランシスコから2011年にここに引っ越してきてから毎年ヨセミテ国立公園、ナパなどに連れて行ってもらい楽しんできましたが、今年はどこにも出かけずにに家の庭造りプロジェクトに参加することにしました。

フリーモント付近の家ではフロントヤード(玄関前のスペース)は殆どが道路から一面に芝生が植えられている事が多い。
その広さが引っ越しをした時から、息子は”もったいない!何とかしたいが。。。”と思いつつ今に至り、遂にイメージが出来上がり実行の時が来た。ちなみに中庭(バックヤード)は緑の広い芝生と野菜畑、沢山の果物の木が植えられて結構充実している。

プロジェクトのキーワードは
* 森の小道
* 季節を感じる庭
* 芝生の面積を少なくする


こうして、8m位のタイサンボクの木とジャスミンの低木と禿げた芝生の庭は生まれ変わりました。

before
0801001k_1_1_1.jpg
after
右側の通路は玄関へ、左側が今回のプロジェクト=フロントヤード。
レンガの小道を作り、小道に沿って植物を植えて

0719067k_2_1.jpg

右の建物はガレージ。ガレージ寄りの花壇には種から育てたコスモスと大きな株に育ったラベンダーや黄色い花が咲いてアクセントに。

0719063k_5_1.jpg

0729030k_1_1.jpg

0729025k_1_1_1.jpg0729032k_2_1.jpg

デッキ

それでは、まず芝生の面積を減らすために”デッキ”を作ることになり、お庭の大改造開始。
デッキは私が行く前から息子が一人で始めた。写真を見るとものすごく大変そう。。。でもとても面白かったらしい。

基礎工事
0801003k_1_1.jpg
土台
0801005k_1_1.jpg

古い芝生を全部はがし、硬い土を耕す。 大きな木の根っこが全面にはえておりそれが一番手間がかかったよう。
邪魔ものは一時場所をかえてスッキリ!!

0801006k_2_1.jpg

タイサンボクの木漏れ日が丁度良い。心地よい光と風が最高!!

0720050k_1_1.jpg

レンガの小道もすでに出来ており、後は の移植と 最後に芝生を植えるだけ。
途中でバークレーにも出かけて家々のお庭を見学してさらにイメージを膨らませて毎日、ホームセンターや専門のガーデニング店を訪れてイメージの植木や花を探す。

こうして庭作りが捗ったのは、日本の会社と違い、アメリカでは息子の働き方が実に効率良く仕事しているからと感心。
朝6時?ごろに家を出て、燃費の良いポルシェで空いている道をスイスイ出勤(8時ごろでは渋滞で倍時間がかかるらしい)。
会社のスポーツ施設で30分運動、シャワーを浴び、軽い食事をしながら一日のスケジュールや仕事を練り、4時ごろ退社。
アメリカは今、夏時間なので9時ごろまで明るく、作業が出来るというわけ。  夕方電話会議があれば自宅で参加など。

日本のサラリーマンももっと早く帰宅するように働き方を変えなくては。もっと自分の時間を増やして。。。。。



では出来上がった庭を一緒に散歩しましょう。

玄関付近

0729046k_4_1_1.jpg

このもみじはヨセミテのロッジのオーナーから頂いたもの。フリーモントの気候に慣れて元気に育っている。

0729021k_2_1.jpg

0727023k_8_1.jpg


夏の草花も寄せ植えして手作りの箱に入れて玄関へのアプローチを賑やかに

0729004k_1_1.jpg
0729045k_3_1_1.jpg
0729044k_2_1_1.jpg
0729043k_1_1_1.jpg

レンガの小道と広々としたデッキ芝生

0726010k_5_1.jpg

レンガの小道はタイサンボクの木のところでバラの花の側を通り中庭へともう一方は玄関へと2本の小道ができている

0726018k_4_1.jpg

デッキに腰かけて足が芝生につくと気持が良い!  緑の芝生がデッキや周りの植物と調和してとても気持ちが和む。
塀の近くに移植した椿の小枝からも、お隣から爽やかな風が通り過ぎ良い環境になった。

0801007k_3_1.jpg

0729070k_1_1.jpg


0726015k_1_1.jpg

0726009k_4_1.jpg

0726007k_2_1.jpg
ジャスミンの花が良い香り、葉も柔らかな若葉がやさしい感じ
0729017k_1_1.jpg

このデッキは最高!!  
前にあるタイサンボクの木陰が日中の強いカリフォルニアの太陽を遮ってくれて、爽やかな風が通り抜ける
昼寝よし。読書よし。静かで心地よい空間が出来ました!!

今まではこの大木タイサンボクは枯葉ばかり落ちて。。。。こんなに大切な木だったなんて!!。。。。。 椅子に寝そべって上を見ると大きな白い香りのよい花が咲いていて。。。。。  この木に感謝したくなった!!

0726005k_7_1.jpg

タイサンボクの木の下にギボウシ、クリスマスローズを植えて

0729008k_4_1.jpg
0729010k_5_1.jpg

0726001k_1_1_1.jpg
0726002k_2_1_1.jpg 0726003k_3_1_1.jpg

小道の真ん中あたり
芝生はこの辺まで。あとは移植した椿や名前がわからない白い穂の花の咲く木がちゃんと根付いてくれるように祈り、可愛い花や葉物で賑やかになれば。。。

左側は葉ものコーナー
写真では見えないが、椿の横の紫の花の野ボタンの周りにグリーンの美しいギボウシや細い葉のものを。

0726018k_4_1.jpg

0727010k_1_1.jpg


右側は花のコーナー 日陰になってしまい見えにくいが、引っ越した当初から頑張って毎年咲いてくれるゼラニュウムや丈夫そうな花、 ラベンダーなど賑やかにぱっと咲いて欲しいコーナー。移植したばかりなのでまだ弱よわしいけれど。

0727022k_7_1.jpg

その下はベニセタムやスゲ科のすらっとした葉と穂が持ち味のグラス類のコーナーに。

0727020k_5_1.jpg

入り口あたり

温室の後ろにいつの間にか咲いていた花を移植。 

0729031k_2_1.jpg

ここにもゼラニュウムを移植。経済的な花です。茎を土に挿しておけば根が付きますよ。。。

0726017k_3_1.jpg

手前のベニセタムは緩やかな曲線をえがく微妙なピンクの穂と紫の葉が面白い風景を作ってくれる。後ろの株立ちのブナ科?の木が大きく育ってくれれば、奥にあるデッキでくつろいでも殆ど道路からは見えなくなる筈。 暑い夏は家族でデッキでお茶したり、昼寝が出来る。  今もタイサンボクの太い幹を利用すれば昼寝はOK。

このブナ科の葉が帰国するときに少し紅葉を初めていた。秋になればもっと色付き楽しい庭になるでしょう。

0729034k_3_1.jpg

0727047k_1_1.jpg

引っ越し当初に購入したものが何度かの移植に耐えてこんなに大きく木のように成長。今回もまた移植。
来年も可愛い小さなピンクの花を咲かせてほしい。

0719065k_1_1.jpg


以上が庭大改造プロジェクトの結果です。 一言で””とっても 楽しかった””

植物が元気に成長して季節の花がもっと増えて土が見えないくらいになるのが楽しみです。来年また植物達に逢いたいな~
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

miya

Author:miya
GEを退職後、長年親しんできた表千家茶道&着物の着付を若い方に伝えたく、自宅で教室を開きました。“気軽に、楽しくお稽古しながらの文化に親しむ”をモットーに和やかな空間を用意しました。

★教室/東京府中市紅葉丘2-25-2
★茶道お稽古/月に2回(火・土コース)
★ご連絡はコメント欄にメモをお願いします

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
マウスについてくる星
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。