*All archives* |  *Admin*

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7月 茶の湯お稽古
続けて7月のお稽古風景です。翌日アメリカへ出発の日でした。1っカ月以上も前の事になってしまいました。

床は”閑座聴松風”の軸。 籠には木槿、矢筈ススキ、ワレモコウ、金水引などを生けて。
蒸し暑くなった季節、夏模様に設えた部屋に涼しげな花を見ながらゆっくりとお茶を頂く幸せ。。。



純白の木槿は心が洗われるような気がします。

0712002k_3_1.jpg

まず、お湯が沸くように炭点前

0712011k_2_1.jpg

香合が拝見から戻り、亭主は正客の問いに応えます。

0709001k_2_1.jpg

薄茶点前

7月は釣瓶(つるべ)のお稽古。  井戸の水を汲むときに使用した桶を茶の湯で使えるようにした水指。
木地と塗の二種類があります。  お稽古は春慶塗りのもの。広間で使うのがふさわしく、木地のものはお水をたっぷり含ませて濡れたまま小間に運び涼しさを感じることにしたとか。  釣瓶は”運び”のお点前ですが、結構重いので初めに飾っておく方法もありますが、皆さんはお元気なので軽々と運んでお点前をしました。

暑い時期は平茶碗を良く使用します。茶巾絞りを入れたお点前もよく考えられていますね。

0712010k_1_1.jpg

金林寺の薄茶器を清めて拝見に出します。

0709004k_5_1.jpg


濃茶点前


釣瓶の蓋は左の蓋を右に重ねてお点前する独特なスタイルです。

0712006k_6_1.jpg

0709005k_6_1.jpg

ちょっと点てにくいと言われる備前のお茶碗で濃茶を点てました。

0709013k_6_1.jpg

0712007k_7_1.jpg

0709016k_8_1.jpg

0709007k_8_1.jpg

一年で一番暑い8月は後半にお稽古をすることにして。。。。。皆さん 残暑を思い切って楽しんでください!!
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

miya

Author:miya
GEを退職後、長年親しんできた表千家茶道&着物の着付を若い方に伝えたく、自宅で教室を開きました。“気軽に、楽しくお稽古しながらの文化に親しむ”をモットーに和やかな空間を用意しました。

★教室/東京府中市紅葉丘2-25-2
★茶道お稽古/月に2回(火・土コース)
★ご連絡はコメント欄にメモをお願いします

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
マウスについてくる星
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。